1. ホーム
  2. 腸内細菌
  3. ≫未消化のタンパク質が引き起こすアレルギーには善玉菌の増加とと食物繊維が必要です

未消化のタンパク質が引き起こすアレルギーには善玉菌の増加とと食物繊維が必要です

和食が世界一の健康食
オリゴ糖が腸内細菌を増やすのに役立つことは明らかな事です。でもその腸内細菌は危ういバランスの中に住んでいるんです。大腸内には悪玉菌と善玉菌と日和見菌の3種が棲んでいるんですが、日和見菌は腸内環境の悪化と共に悪玉菌に変化しますし、改善と共に善玉菌に変わります。
 
乳酸菌と呼ばれることが多い善玉菌の代表はビフィズス菌ですが、まだたくさんの種類がいます。一方ウェルシュ菌に代表されるような悪玉菌合わせると100種類以上もの腸内細菌が住み着いているんです。

私たちの腸内には100兆個以上と膨大な量の腸内細菌が住んでいます。健康に大きな影響を与える腸内細菌に余りに無関心な私たち。

健康は腸からといいますね。大腸がんが増加の一途をたどっている現状ですから見直しをしてみましょう。赤ちゃんの今後の健康についても、大事な腸内細菌について考えてみる事が必要なんです。

風邪をひいて抗生物質を投与される医者と患者の愚かさ

風邪を引いたぐらいで抗生物質を注射されると善玉菌は死に絶えます。腸の働きは腸内細菌のい危ういバランスの上に成り立っています。

例えばあなたが風邪を引いて病院に行って抗生物質を注射されたとします。これで風のウイルスを退治できた風邪症状が治ったと喜んでいる時に、腸内の多くの善玉菌も殺しているんです。

こうして腸内の細菌叢が悪くなると、腸の壁が荒れてきて、場合によって本来は吸収しないはずの、便として排出する物質を吸収してしまうことがあります。これがアレルギーの発症に結びついているのです。

未消化なタンパク質がアレルギー発症の引き金になります

未消化なタンパク質がもし腸の壁を通過して吸収されれば、アレルギー反応を起こすことになり、未消化な大きな物質が腸の壁を通過するときに傷ができてしまいます。

その結果もっと色々な本来通過しないものを通過させるようになるのです。食物アレルギーが無かった人が風邪を引いた後に、食べた後で蕁麻疹が出るのはこのためです。

食物繊維で腸の壁を傷めない食生活をしましょう

一旦アレルギーを起こすと体は記憶システムの中にそのアレルギー反応を記憶してしまいます。その時のアレルギーは治ったとしても、この記憶は消えないので事あるごとにアレルギーが出るようになります。

肉食の多い人は未消化なたんぱく質が腸の壁を通過する可能性があるので、必ず食物繊維の多いメニューを摂りいれましょう。

繊維質が不足して便秘になると悪玉菌と善玉菌のバランスはすぐに崩れてしまうのです。水溶性の食物繊維は善玉菌のエサになり、不溶性の食物繊維は腸内の掃除をしてくれます。食物繊維の量が減っているのが日本人の食生活の特徴です。その結果大腸癌が増え続けていると考えられています。

和食はバランスのとれた健康食です

消化しにくい高たんぱくの食物を控えたり、仮性アレルゲンになるものを控えるなどして腸の負担を減らしませんか。結局和食が世界中の食事の中でも最も優れた健康食なんです。世界ではそのように認めているのに日本ではそれほど意識されていないようですね。灯台下暗しです。日本の和食を見直してみましょう。

 

カイテキオリゴ

カイテキオリゴは色々なオリゴ糖のブレンドなので、腸内の数多い種類の善玉菌を増やす働きが強く、熱にも酸にも強く料理や飲み物なんにでも入れる事ができるので使い安いものです。