1. ホーム
  2. カイテキオリゴ
  3. ≫カイテキオリゴの成分として4種類のオリゴ糖がブレンドがあります

カイテキオリゴの成分として4種類のオリゴ糖がブレンドがあります

カイテキオリゴ

気になる、カイテキオリゴの良いところ、悪いところ。カイテキオリゴの成分、調べてみました。

オリゴ糖と言えばカイテキオリゴという位、知名度の高い商品です。
お腹の調子を整え、便秘解消の為に飲んでいる方や、美容の為に飲まれる方もいらっしゃいます。

反対に、カイテキオリゴは実は危険?という口コミ等は、気になるところです。
カイテキオリゴの成分、添加物、製造地、放射能検査などの安全性については問題ないのでしょうか。

カイテキオリゴの栄養成分とカロリー

カイテキオリゴ、100gあたりの栄養成分は、

 エネルギー 207kcal
 炭水化物 93.1g
 たんぱく質 0.0g
 ナトリウム 3.0mg
 脂質  0.5g

1回スプーン1杯5gですから、カロリーとしては、10.35kcalです。

 

原材料は、

 ラフィノース
 ミルクオリゴ糖
 イソマルトオリゴ糖
 フラクトオリゴ糖
 乳糖
 ショ糖

カイテキオリゴに含まれている糖のうち、オリゴ糖は、
・ラフィノース ・ミルクオリゴ糖 ・環状オリゴ糖(シクロデキストリン)・イソマルトオリゴ糖 ・フラクトオリゴ糖
の4~5種類です。

ラフィノースは、北海道産の甜菜(サトウダイコン、ビート)が原料です。
ミルクオリゴ糖になる牛乳は、ドイツ、オランダ、アメリカ産です。
イソマルトオリゴ糖の原料はでんぷん。安価ですが、胃酸酵素の影響を受けやすい事を除けば善玉菌の餌になることに変わりありません。

乳糖とは
乳糖はオリゴ糖ではありませんが、ビフィズス菌を活性化させるオリゴ糖と同様のものです。
アメリカ産の牛乳が原料です。

一番最後のショ糖は一般的な砂糖のことです。北海道産の甜菜が原料です。

カイテキオリゴの成分は、甜菜、牛乳のような自然由来の素材から抽出される高純度、高品質なオリゴ糖です。
もちろん添加物はありません。ほぼ100%のオリゴ糖食品です。

カイテキオリゴの安全性について

カイテキオリゴは、北海道札幌市にある「北の快適工房」という会社が販売しています。
工場では、放射能チェックは勿論、かなり綿密な検査を行っています。

 

加工、出荷の際にもチェックを行い、安全面に関してはかなり神経を使っています。
また、モンドセレクションも3年連続で最高金賞を受賞していて、安心・安全が認められています。

カイテキオリゴの成分は、通常何の問題もありませんが、原材料に乳製品がある為、重度の乳製品のアレルギーがある方は、医師に相談する事をおススメします。

一度に大量摂取すると、お腹が緩くなることがあります。
これは、善玉菌が急激に活性化する為なので、心配いりません。量を調整しましょう。


 
原料が天然成分なので、妊婦さんや赤ちゃんも安心して摂取できます。
しかし、安全と言っても、決められた用法、用量を守らずに摂取したり、体質に合わない場合もあります。
用法、用量を守り、まずは一度試してみる事が大事です。