1. ホーム
  2. カイテキオリゴ
  3. アトピー
  4. ≫カイテキオリゴは腸内に善玉菌を増やしてアトピーに有効です

カイテキオリゴは腸内に善玉菌を増やしてアトピーに有効です

an194_l

カイテキオリゴで、アトピー対策。赤ちゃんから大人まで安心して腸内環境を改善しましょう。

アトピー性皮膚炎、通称アトピーと呼ばれています。
赤ちゃんの時に湿疹ができると、大体「アトピーかも」って言われるので誰でも知ってる皮膚の病気です。
軽度の方~重度の方までいらっしゃいますが、アトピーは発症すると本当に辛い病気です。
掻いても掻いても痒いし、掻けば血が出るし、 皮膚もカサカサ、ボロボロになります。
痒みや、症状は何とかならないものでしょうか。

アトピー皮膚炎にはいくつかの対処法があります

アトピー性皮膚炎には、いくつかの対処法があります。

皮膚科で薬を処方してもらう事。

皮膚科を受診して薬を処方してもらいます。
痒みに効果がある薬を処方してくれます。塗り薬はステロイド系の薬が多いです。

 ジルテック錠
 梔子柏皮湯
 ステロイド系の軟膏、イソジンゲル

保湿成分の高いクリームで保湿する。

クリームを塗って、カサカサになったお肌を保湿することで痒みを押さえます。
市販薬、処方薬、どちらでも良いでしょう。

腸内環境を整える

アトピーの原因の一つに、腸内環境の乱れがあります。
腸内環境が悪化している為に、痒みの原因物質が分解されず、毒素だと判断されてアレルギー反応が起こります。腸内環境を整えると、アトピーが克服出来るというものです。

腸内環境を整えるオリゴ糖

荒れた腸内には悪玉菌が多い

薬は、内服薬、外用薬のどちらも一時的なもので、完治するわけではありませんし、薬がなくなったら貰いにいかないといけません。
アトピーの方の腸内は、善玉菌は通常の1000分の1で、例外なく荒れているそうです。
これでは、薬で症状が治まったとしても、すぐにまたアトピーが発症してしまうでしょう。
腸内環境を整える事が、アトピーから抜け出すための解決策になると思われます。
腸内改善のためには、腸内の善玉菌を増やせば良いのですが、さて、どうすればいいのでしょう。
ビフィズス菌などの腸内の善玉菌を増やすには、善玉菌を増殖させるオリゴ糖食品を摂る事です。

アトピーにカイテキオリゴ

腸内の善玉菌を繁殖させるために必要な、オリカイテキオリゴゴ糖。
実はオリゴ糖には、純度の低いもの、高いもの、結構色々とあるんです。
その中の1つに、カイテキオリゴというオリゴ糖食品があります。
このカイテキオリゴは、甜菜から抽出した純度100%のオリゴ糖で、元々は便秘対策用の食品でした。

 便秘
 アトピー
 ダイエット
 美容
 健康

オリゴ糖で腸内の善玉菌を増やす ⇒ 腸内の環境を整える ⇒ 健康に繋がる
人間の腸は、重要な器官なのです。

カイテキオリゴは腸内の善玉菌のエサになります。
私たちの腸内には100種類以上もの細菌が存在し、善玉菌、悪玉菌、日和見菌に分かれます。中立的な立場の日和見菌は、優勢になった方を加勢します。

基本的に、善玉菌が悪玉菌を抑え、バランスが保たれているのですが、ストレス、食生活、飲酒、喫煙によって、腸内で悪玉菌が優勢になると、便秘や様々な生活習慣病を引き起こします。
腸内環境をよくするために、カイテキオリゴは優れものなのです。

赤ちゃんのアトピーとカイテキオリゴ

健康に生まれた直後の赤ちゃんの腸内には、善玉菌がうようよしています。
善玉菌が多いという事は、免疫力が高いという事です。

お腹にいる時にお母さんの腸内に善玉菌が少ないと、出産時にお母さんの善玉菌を受け継げないため、善玉菌が殆どいない状態で生まれてきます。帝王切開などでは特にそうなってしまうので、母乳でオリゴ糖を与えて増やすしかありません。

でも普通は赤ちゃんは、自分で自分の体を守れるので、外部から善玉菌を摂る必要性はありません。
オリゴ糖は赤ちゃんのアトピー予防だけではなく、健康促進になります。

そんなオリゴ糖、種類が色々あり、実はスーパーにもあります。
でも、スーパーで売られているオリゴ糖は粗悪な物が多くて、赤ちゃんには心配です
赤ちゃんには一番良いオリゴ糖をあげたいもの、条件を満たしてるオリゴ糖が、カイテキオリゴです。
 
 オリゴ糖含有率がほぼ100%
 オリゴ糖が高品質
 成分が証明されている
 複数種類のオリゴ糖を含有
 原材料が天然由来のもの
 熱くても冷たくてもすぐに溶ける
 
赤ちゃんはもちろん、家族全員で摂れます。

カイテキオリゴ

カイテキオリゴは色々なオリゴ糖のブレンドなので、腸内の数多い種類の善玉菌を増やす働きが強く、熱にも酸にも強く料理や飲み物なんにでも入れる事ができるので使い安いものです。