1. ホーム
  2. カイテキオリゴ
  3. 赤ちゃん
  4. ≫カイテキオリゴを赤ちゃんの便秘やアレルギーのために摂取しましょう

カイテキオリゴを赤ちゃんの便秘やアレルギーのために摂取しましょう

赤ちゃんとオリゴ糖
赤ちゃんは生後6か月頃から離乳食を始めますが、この頃に便秘になり勝ちです。考えてみれば離乳食は赤ちゃんにとって大きな変化です。

そういう時に便秘になることがあります。便秘と言っても仮に2~3日ウンチが出なくても心配することはないんですが7日も続いてしまうと心配しなくてはなりません。

 赤ちゃんの腸が発達途中の時にアレルギーの問題が起こります。

ところで赤ちゃんの腸がタンパク質の吸収をしっかりとできないうちに離乳食を始めてしまうと、アミノ酸まで分解されない未消化で大きなままのタンパク質を腸壁を通過させてしまうことがあります。

これがアレルギーの一つの原因だと言われていますし、離乳食の時期が早まっている傾向があるのは問題です。離乳食を始める時期を焦って早くしてはいけないんです。
 
腸には全身の免疫細胞の60%が存在しています。赤ちゃんの免疫力が強ければアレルギーにはなりません。腸の善玉菌を養う事が免疫力を高めることですから、善玉菌を増やす簡単な方法は、善玉菌のエサとなるオリゴ糖を赤ちゃんが食べることなんです。

オリゴ糖の中でも日本で多くの人に愛用されているのがカイテキオリゴです。多くの人がカイテキオリゴの恩恵を受けてきました。自然の食品であるカイテキオリゴは小腸で吸収されないので大腸に届いて善玉菌のエサとなります。

カイテキオリゴは赤ちゃんの便秘解消に最適です

カイテキオリゴカイテキオリゴは、赤ちゃんの便秘解消に最適なオリゴ糖です。善玉菌には免疫力を高める働きがあるし、大腸のぜん動運動を盛んにする働きで便秘解消に大きな恩恵があります。
 
赤ちゃんが顔をまっかにして、苦しそうに泣きながら排便するのを見ると可愛そうです。優しくお腹をマッサージすると有効な場合もありますが、多くの場合腸内の善玉菌が不足しているために腸の蠕動運動が十分に起こっていないんです。薬に頼るのでなく、腸内の環境を整えてあげて自然な排便を目指しましょう。1日2~5g程度を1週間続けてみましょう。快便が出ることが多いです。
 

お母さんの腸に善玉菌が少ないと赤ちゃんも

乳酸菌赤ちゃんがお腹の中にいるとき、お母さんの腸には善玉菌が沢山いたでしょうか。妊娠前のお母さんは便秘ではありませんでしたか?妊娠中にファストフードをたくさん食べたり、ダイエットをしたりしなかったでしょうか。
 
どれも腸内の善玉菌が減ってしまう行動です。生まれてくる過程で子宮からこの世に出る時に、母親の腸内細菌に触れることで赤ちゃんの腸に細菌が住み着くようになります。もし母親に善玉菌がほとんどいなければ生まれたきた赤ちゃんも同じようになってしまいます。
 
このサイトを読んでいるお母さんは既に出産をあれたわけですから、出産後のことについて触れないと意味が余りありません。アレルギーの問題や便秘の問題、いずれにしても母乳をあげていれば、母親の食べたものが赤ちゃんに摂取されます。
 
このとき食品添加物や農薬、重金属などは赤ちゃんの肝臓などに蓄積するのです。赤ちゃんにとってお母さんの行いは非常に大きな意味を持ちます。それと子供の環境を清潔するのも度が過ぎれば免疫力が一向に高くならない結果になります。
 

健康の秘訣は綺麗な血液を作るために腸を綺麗にする事とも言えます。腸内に善玉菌を増やすことで血液が綺麗になるのです。

腸内と善玉菌の関連動画 ⇒ こちら

カイテキオリゴ

カイテキオリゴは色々なオリゴ糖のブレンドなので、腸内の数多い種類の善玉菌を増やす働きが強く、熱にも酸にも強く料理や飲み物なんにでも入れる事ができるので使い安いものです。